医療機関とエステでの脱毛方法の違いは

美容外科などの医療機関やエステサロンで脱毛施術する人が増えています。

自宅でもカミソリや脱毛クリームを使用して、自己処理による脱毛はできますが、やはり仕上がりに違いが出来てきます。脱毛の仕上がり具合はもちろんのこと、一昔前よりも技術はアップしており、低価格で高い効果が得られるようになっているのもひとつの要因です。エステや脱毛サロンで受けられる脱毛施術と、医療機関での脱毛は、原理が近いようにも見えますが、実際使う器機が大きく違います。医療機関ではレーザーによる脱毛が主流となっており、エステサロンではフラッシュなどの光脱毛が主な方法となっています。新しい体毛は、毛根部分にある毛母細胞によってつくられますので、レーザー脱毛も、エステの光脱毛も、その毛母細胞を壊します。一番の違いは破壊力で、レーザーのほうが威力が高く、またレーザー機器は医療機関でしか扱うことができません。脱毛効果もレーザーのほうが高い効果が得られるので、短期間で満足のいく脱毛状態になるといわれています。ただ、脱毛の威力が強い分だけ、レーザーの方が光脱毛と比べて痛みを感じやすく、費用が高くなる傾向があります。脱毛処理を行う時には痛みを生じますが、医療機関では麻酔を塗ることも可能ですので、痛みを軽減させた上で脱毛施術をうけることができます。費用面でも、脱毛専門の医療機関も増えてきており、低価格でレーザー脱毛を受けることの出来る所も増えてきています。医療機関には医療機関の、エステにはエステの、強みと、弱みが、それぞれあります。どちらの施設を利用して脱毛をするかを、あらかじめ検討してから利用することです。
男性脱毛するならゴリラ脱毛がおすすめです!お試し予約はコチラです!